星の命名の価格はいくら?「オンラインスターレジスター」 「しょうさんべつ天文台」などのサービスを比較してみた

夜空を見上げると、瞬く多くの星。

星を見ると普段は平凡な人でさえ、ロマンチックな気持ちさせてくれる

不思議な魅力があります。

そこでこんな気持ちが・・・

「自分の名前が付いた星が欲しい!」

やっぱり自分名前が付いた星には、憧れてしまします。

また、誕生日や記念日に大切な人に星の名前のプレゼントっていうのも、

素敵だと思いませんか?

そこで、星に名前は付けられるのか?付けられるならいくらなのか?

まとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

星の命名権は販売されている?

そもそも星の名前はどうやって決められているのでしょうか?

気になって調べてみると、いくつかの仕組みがありました。

【彗星の場合】

彗星には発見した人の名前が自動で付けられます。

有名なハレー彗星なんかも、発見者の名前がついているってこと何ですね。

なので、彗星に名前を付けたいと思ったら、自分が第一発見者になる必要があるので、これは宝くじを当てるより難しそうです・・・

【見上げるとある星の場合】

毎日夜空で瞬いている星については、

「学名」と「固有名詞」の2つが存在しているようです。

学名とは、数字とアルファベットによって示される

天文学の便宜上つけられた番号のような星の名前の事です。

対して固有名詞は、ギリシャ神話などを元につけられたり

先ほどの彗星の発見者の名前が付けられるケースです。

オリオン座の「ベテルギウス」を例にすると、

「ベテルギウス」という固有名詞と「α Orionis」という学名が存在します。

学名については、今発見されている全ての星につけられているのですが、

ベテルギウスの固有名詞については、本の一握りだそうです。

そしてこの「固有名詞」については、販売されていて、

買えば自分の名前を付けることが可能みたいです!


星の命名の価格はいくら

星を販売しているところは複数あるのですが、

価格についてはサービス内容によって様々です。

価格帯とすれば大体、5,000円~30,000円といったところです。

では、それぞれのサービスにどんな特徴があるのか、

比較してみましょう。

星の命名が出来るサービス

いまから紹介したサービス以外にもありますが、

比較的安心して活用できる有名なところの

特徴と価格をまとめてみました。

ステラレジストリー

アメリカに本社があるサービスで、日本にも代理店が存在します。

ここの特徴は、

登録された星の名前と星番号リストが、アメリカ議会図書館及び

スイスジュネーブの銀行の地下金庫に永久保存されることと、

著名人の登録者が多いということです。

マイケル・ジャクソンやブルース・リー、日本人でも

福山雅治や中山美穂が登録していると、公式サイトに載っていました。

こういった要因から、価格は最高クラスの30,000円です!

ステラレジストリー

スターネーミングギフト

オーストラリアのゴールドコーストから最も近い天文台である、

スプリングフック天文台の正式日本代理店です。

最大の特徴は、2~6等星の販売を行っているという点です。

他と比べて唯一大きな望遠鏡を使わなくても、肉眼or手軽な望遠鏡で

確認できる星の販売を行っています。

価格は、12,000円。

他の方が紹介しているサイトなどを見てみると、

以前は30,000円での販売だったみたいですが、

値下がりしてるのは嬉しいですね!

スターネーミングギフト

Online Star Register(オンラインスターレジスター)

オランダに本社を構える企模の大きい多国籍企業が行っているサービスです。

大きな特徴が2つあります。

・その星が含まれる星座を指定できる

・専用アプリで自分が名付けた星の位置を確認できる

ということです。

値段はおよそ3,000円~5,000円。

これは、セット内容によって変わってくるので、

目的に合わせて選ぶといいと思います。

実際に肉眼では見えなかったり、

数多ある中から自分の星を見つけにくかったりするので、

アプリで確認できるのは助かります。


オンラインスターレジスター

しょさんべつ天文台

北海道にある天文台が行っている「マイスターズシステム」

というサービスで星に命名することが出来ます。

わざわざ現地に足を運ばなくても、公式ページから専用の用紙で

申し込みが可能です。

価格は、3,000円。

安いのは嬉しいところではありますが、

天文台からしか見えない星、もしくは見えない星というのは、

少し残念な気がします。

やっぱり空を見上げた時に見えてほしいですからね。

しょさんべつ天文台

おすすめのサービスはどれ?

価格とサービス内容で、あなたに合ったものを選ぶのが良いとは思いますが、

おすすめはスターネーミングギフトですね。

なんといっても、特別な望遠鏡やアプリを使わなくても

自分の星を確認できるのが一番のポイントだと思います!

誰かに自慢するにしても、大切な人にプレゼントするにしても、

実際に見えるかどうかでその効果は大きく変わってきます。

また、プレゼントとして送る時のポイントとして、

星座に属する星の中から選択できるのはありがたいところです。

これについては少し勘違いしやすいので、簡単に説明します。

どのサービスも基本的には、自分で特定の1つの星を選んで

名前を付けるのは出来ません。

会社や施設が準備した星に名前を付けて行くわけですね。

しかし私たちが見ている星は、基本的にはどこかの星座に属しています。

なので、サービスによっては、星座に属する星の中から選ぶことが出来る

ものがあります。

つまり、誕生日のプレゼンには「12星座」の中から、

送る人の星座に合わせて選択できますし、贈るシーンに合わせて星座を選ぶことが出来るんです。

その星座の種類が豊富でわかりやすいので、

スターネーミングギフトがおすすめだと思います。

因みに、スターネーミングギフトではどんな意味を持つ星座から選べるのか、

一部を紹介します。

プロポーズの演出に


お店の開店記念に


ペットのメモリアルに

この他の星座の意味は、こちらから確認できます。

スターネーミングギフトの星座の意味

星の命名Q&A

星に命名する方法を調査するなかで、

私自身の疑問や、利用したい人の疑問をいくつか見つけたので、

その答えをまとめてみました。

好きな星を選べるのか?

さっきも少し言いましたが、特定の星1つを選んでの購入はできないようです。

しかし、特定の星座に属する星は選ぶことが出来るので、

そこで気持ちや意味を持たせるということはできます。

星の選び方については、サービスごとで異なってくるので、

詳しくはそれぞれの会社に問い合わせてみてください。

正式な名前として登録されるのか?

結論を言うと正式な名前ではないみたいです。

ただ、それぞれの会社や天文台ごとで証明書の発行をして、

大切に保管してくれます。

天文台からのお墨付きともなれば、

自信をもって自分だけの星と言えますね!

みんなどんな名前をつけているのか?

まず、基本的には英語(大文字・小文字)と数字、いくつかの記号が

使用可能です。

これもサービスごとで異なりますが、大体30文字程度の命名が可能です。

実際に登録された名前を例に挙げると

・お誕生日祝い(Hanako , Kira☆Kenta, Yoshiko’s star)

・結婚関連(Taro & Miki, Happy Hiroshi & Kanako, Star Hokuto & Keiko )

・会社設立、開店祝い(Kanta-Zushi, Suzuki-Gumi, Takahashi-Famiry)

・ペットのメモリアル(Linda, Maruko, Shiro-chan, Kuro, Mike-chan)

といった、つけ方をされているみたいですね!

まとめ

星の命名が以外とリーズナブルなことにびっくりしました。

自分の名前の星をつけることも出来ますが、

これは大切な人への贈り物として活用すると喜ばれそうですね!

この世で一つ、だれともかぶらないロマンチックなプレゼントに、

「星の名前」を選択肢の一つとして考えてみてくださいね!